車両感覚の身に付け方

車両感覚の身に付け方

車をぶつけそうで怖い、狭い道のすれ違いでひやひやする…

免許を取ったばかりの初心者や、ペーパードライバーで、このように運転を怖く感じるのは、車両感覚を上手く掴めていないことが原因です。

怖さを感じずに安全な運転をするためには、車両感覚を身に着けることが大切です。

そこで今回は、車両感覚の身に着け方を紹介しましょう。

車両感覚とは

車両感覚とは
車両感覚とは、車体の前後の長さや左右の幅、車体の位置や向きなどに関する感覚のことを言います。
初心者やペーパードライバー、車を買い替えたばかりの人など、初めは車両感覚を掴むのに練習が必要になります。

車両感覚がうまく掴めれば、すれ違いや車庫入れ、縦列駐車がスムーズに出来るようになるのです。

車両感覚が掴みにくい理由

バック駐車や縦列駐車がうまく出来ない、すれ違いが怖いなど、車両感覚を掴むまでに時間がかかる人も多いです。

右側の車両感覚は運転席から近いため掴みやすいのですが、車体の前や左側、後方の車両感覚はなかなか掴みずらいものです。

なぜそんなに右以外の車両感覚を掴むのは難しいのか、理由から説明しましょう。

人は距離感を掴む時は、自分の目や体を中心にして周りとの距離を計っています。
そのため、車に乗った時も自分のいる位置を中心に距離を掴もうとしてしまうのです。

左の車両感覚が掴みにくいのは、自分の目や体から離れた位置から見なければならないからです。

さらに車には死角もあります。

そのため大きい車ほど、車両感覚を掴むのは難しくなるのです。

車両感覚の掴み方

車両感覚の掴み方
では車両感覚はどのように掴めばいいのでしょうか。

まずは運転席から車の各部分がどのように見えるのかを確認することが大切です。

車の左側、前方、後方にわけて、それぞれ車両感覚の掴み方を説明しましょう。

左側

車両感覚で掴むのが一番難しいのが、左側です。

左の車両感覚の掴み方と、感覚を養うための練習方法を紹介しましょう。

タイヤの位置

まず左側の車両感覚を掴むためには、左のタイヤの位置を把握することが必要です。

左の前のタイヤは、車両の真ん中よりも少し左側にあります。

運転席から見ると、ボンネットのほぼ中央の位置です。

サイドミラーを使う

次に、サイドミラーを使ってみましょう。

サイドミラーに写る白線や縁石などから、左の車両感覚を把握していきます。

サイドミラーを見ながら白線まで寄せたり離れたりを繰り返すうちに、だんだん車両感覚を掴めるようになってきます。

白線を使って練習

高速道路などには、路肩等の危険をドライバーに知らせるために振動の鳴る白線が敷かれています。

この振動の鳴る白線を使って、左の車両感覚を掴む練習をすることが出来ます。

前側

白線ぴったりに止めたつもりでも、降りてみたらかなり空いていた、という経験のある人は少なくないと思います。
このことからも分かるように、車のボンネットの先端部分は、運転席から見てかなり手前にあるのです。

車の前側の車両感覚を養うためには、ちょうど良い位置に止めた後、降りて確認することを繰り返してみましょう。

最初は白線から離れていても、練習を重ねるにつれてだんだん感覚が掴めてきます。

後ろ側

後方の車両感覚を掴むのも初めは難しいですが、目視とルームミラーを使って、後方の感覚を掴むようにしていきましょう。

前方の車両感覚と同じく、後方の練習も目標物の前で止めてから、降りて確認する練習を繰り返して覚えることが大切です。

後輪には内輪差が生じるので、後ろにあるタイヤの位置も覚えておくようにしましょう。
左後ろのタイヤは左後部座席の背もたれの下に、右後ろはタイヤは右の後部座席の背もたれの下にあるとイメージしてください。

車両感覚を身に着けるために必要なこと

車両感覚を身に着けるために必要なこと
車両感覚を身に着けるために欠かせないことがあります。
それぞれ詳しく説明しましょう。

タイヤの正確な位置を把握しておく

狭い道での運転、狭い車庫への駐車をする際には、自分の車のタイヤの位置がどこにあるのかが分からないと、ぶつけてしまうことにもなりかねません。

車両感覚を身に着ける上で、タイヤの正確な位置はしっかり把握しておく必要があります。

自分の車の4つのタイヤが運転席から見てどこにあるのか、確認しましょう。

サイドミラーを活用する

左側の車両感覚が掴めない人は、サイドミラーを活用するようにしましょう。

初心者でサイドミラーを擦ってしまうことはよくあることですが、サイドミラーは車の一番出っ張っている部分でもあります。

左前方のサイドミラーを意識して見ながら、白線がどのように見えればぶつからずにちょうど良い場所を走れるのかを、自分の車で試してみてください。
何度も練習するうちに、感覚が分かってくるでしょう。

サイドミラーを見ながら目標物に近づける練習をすると、より車両感覚が身に着きます。

内輪差を理解する

内輪差とは、車がカーブを曲がる際に、回転中心側の内輪の前輪と後輪が描く円弧の半径に生じるのことを言います。
または、そのようなが生じる現象のことを表します。

この内輪差を理解していないと、細い道でカーブをする際に縁石に乗り上げてしまったり、前に進めなくなったりしてしまいます。

内輪差を理解できないのは、後輪の軌道をイメージ出来ていないことが原因です。

狭い道の曲がり角で危ないと思ったら、まず徐行して、ドアミラーを少し下向きにします。
そして後輪の位置を確認しながら曲がるようにしてください。

内輪差を意識して運転出来るようになれば、車両感覚は養われていくでしょう。

動画で車両感覚をイメージする

動画を見ながら、車両感覚を掴むイメージトレーニングをするのも良いでしょう。
感覚が上がれば、ここまでスムーズに運転することが出来ます。


まとめ

運転を始めたばかりの人にとって、車両感覚を掴むことは初めは難しく感じるかもしれません。

しかし車両感覚がなければ、ぶつけてしまったり、狭い道が通れなかったり、駐車が出来なかったりと、運転をする上で差し支えが生じてきます。

今回は、初心者の方でもやりやすい練習方法をご紹介しましたので、ぜひ車両感覚を身に着ける練習をしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください