アクセルの正しい踏み方、操作方法を解説

アクセルの正しい踏み方、操作方法を解説

車のアクセルの正しい踏み方、操作方法をわかりやすく解説します。

アクセルの基礎知識

まずは基礎知識である、アクセルの踏み方から説明します。

アクセルの踏み方

右足はブレーキペダルに真っすぐに合わせ、かかとを床につけて、つま先を使ってアクセルとブレーキペダルを操作します。

アクセルペダルを踏む時は、右足の指の付け根あたりに力を入れて、右に向けて踏むのが基本です。

右足裏の指の付け根がペダルの中央にくるように置いてください。
この形が最も力を入れやすく、力の加減をコントロールしやすいです。

ペダル操作をしない左足はフットレストに置き、運転姿勢を固定させましょう。

アクセルの正しい操作方法と注意点

アクセルの正しい操作方法と注意点
アクセルの正しい操作方法と注意点について説明します。

アクセルはじわっと操作

次にアクセルの操作方法です。

アクセルの操作は、「動き出したらアクセルを滑らかにじわっと柔らかく踏み、加速してきたらぐっと踏み増し、速やかに一定速度まで加速する」ことが基本です。

アクセル操作の重要なポイントは、踏み始めです。

踏み始めを強く踏み込んでしまうと、急発進、急加速で車体が大きく前後に揺さぶられてしまいます。
踏み始めは滑らかな走行を心がけましょう。

滑らかに加速させるには、アクセルペダルの踏み始めを柔らかく踏みます。
そして加速し始めてきたら、しっかり踏み込んでも滑らかに加速することが出来ます。

最初は車がペダルの踏み具合に対してどれくらい加速するかの感覚を掴みながら、適切な速度にコントロールできるようにしましょう。

クリーピングに注意

オートマ車には「クリーピング」という機能があります。

シフトレバーをDに入れてパーキングブレーキを解除し、ブレーキペダルから足を離すとアクセルを踏まなくても車はゆっくりと動き始めます。
これがオートマ車特有の「クリーピング」「クリープ現象」です。

オートマ車はアクセルを踏まなければ車は動かないのではなく、ブレーキペダルを踏まなければ車は動くのです。

周りの交通状況に合わせたアクセル操作を心がける

アクセルは、走行時の周りの交通状況にあわせて使い分ける必要があります。

例えば、ゆっくり走行しなければならない道路では、アクセルを踏んだり離したりする事で前の車との距離を調整します。

渋滞時には前との車間距離が開いたらアクセルを軽く踏み、車間距離が狭くなったらブレーキでの減速を繰り返します。

高速道度での合流や追い越し、車線変更をする際には、一気に加速する事が必要です。

アクセル操作の基本ができていない人は、これらの速度のコントロールが難しく感じるでしょう。
周りの状況にあわせた適切な走行ができないと、追突事故の原因にもなりかねません。

周りにあわせた走行ができるように、アクセルの基本をしっかり押さえておきましょう。

ダメなアクセルの操作例

ダメなアクセルの操作例

極端なアクセル操作は危険

アクセルを強く踏み込み急発進すると、同乗者に不快感を与えたり、追突事故を招いたり、とても危険です。

特にアクセルの踏み始め、離し始めが肝心です。

加速時に強く踏み込み過ぎないように、じわっと踏み込むことを意識して安定したアクセル操作を心がけましょう。

アクセルとブレーキの踏み間違いに注意

アクセルとブレーキの踏み間違いの事故は、とても多いです。

踏み間違い事故はスマホに気を取られたり、考え事をしていたり、集中力が途切れた時に起こりがちです。
アクセルを強く踏んでいる時に事故になることが多いため、他の事故に比べて死亡率も高いです。

初心者ではなくベテランドライバーでも踏み間違えの事故は起こすことがあるため、注意が必要です。

足先だけ、もしくは足全体でアクセルを踏む

足先だけでアクセルを踏むと、滑ってペダルを踏み外してしまう可能性が有り、危険です。

また足全体で踏むと、強く踏み込みすぎてしまいます。
速度の微調整が出来るように、足裏の指の付け根全体で踏むように心がけましょう。

まとめ

まとめ
正しいアクセル操作をすることが、安全運転に繋がります。

同乗者に安心感を与えるためにも、正しい操作を心がけるようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください