クラクションの正しい使い方

クラクションの正しい使い方

普段車に乗っている方でも、クラクションの正しい使い方について知っている人は少ないのではないでしょうか?

今回はクラクションの正しい使い方を紹介します。

クラクションは道路交通法で規制されている

クラクション、警音器の使用に関しては、道路交通法第54条によって規制されています。

そのため、むやみにクラクションを鳴らすということは出来ません。

その道路交通法第54条とはどのようなものなのでしょうか?
道路交通法では以下のとおり規定されています。

第五十四条 車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。
一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
二 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。
2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。
(罰則 第一項については第百二十条第一項第八号、同条第二項 第二項については第百二十一条第一項第六号)

クラクションを制限する理由

クラクションを制限する理由として考えらえるのは無用なトラブルを防ぐためということがあげられます。
クラクションによって無用な交通トラブルに発展してしまうこともあります。

「道路交通法第54条」に違反した時の罰則

では、違反した時の罰則はどうなっているのか?についてです。

警音器(クラクションのこと)を鳴らさなければならない場所で鳴らさないという場合には、5万円以下の罰金。
警音器の使用について適切な使用でないという場合には2万円以下の罰金又は科料(刑法上最も軽い刑罰)となります。

歩行者に鳴らすのは違反?

車を運転している時に、歩行者にクラクションを鳴らすという場合には違反となるのでしょうか?
これは状況によると考えられます。

歩行者が車の接近に気づいていないという場合などに危険を防止するための使用であれば違反とはなりません。

しかし、歩行者にむやみにクラクションを鳴らすという行為は当然ですが違反となります。その場合にはさきほどあげたように罰金や科料となりますので、注意が必要ですね。

クラクションを鳴らすことで起こるトラブル例

クラクションを鳴らすことで起こるトラブル例
クラクションを鳴らすことでどのようなトラブルが起こるのでしょうか?
実は、クラクションを鳴らすことによって様々な交通トラブルが起こっています。

殺人未遂事件

後続車にクラクションを鳴らされたことに立腹した男がそのクラクションを鳴らした車のドライバーと口論になり、工具を使ってそのクラクションを鳴らした男性を刺すという事件が起きています。
幸いにも軽症でした。

あおり運転

後続車にクラクションを鳴らされたことに立腹してそのクラクションを鳴らした車を執拗に追いかけあおり運転をして無理矢理その車を停車させた男が逮捕されました。
幸いにも双方に怪我などはありませんでした。

クラクションがきっかけでの交通トラブルのニュースは非常に多いです。

例としてあげた殺人未遂事件、あおり運転さらには器物損壊などのトラブルも発生しています。
また、クラクションをきっかけに、交通トラブルとなり重傷を負った人はもちろん死亡者も出ています。

このように、クラクションを鳴らしただけで大きな交通トラブルに発展してしまうということは日本全国で起きています。
無用なトラブルを避けるためにも一人、一人がクラクションの正しい使い方をする必要があります。

クラクションを使わなければならない場合

クラクションを使わなければならないと定められている場合があります。
クラクションを使用しなければいけない場所で、使用しないと違反となりますので注意しましょう。

では、クラクションを使用しなければいけないケースとはどのようなケースでしょうか?
説明していきます。

左右の見通しが効かない交差点

警笛区間である場合には左右の見通しが効かない交差点でクラクションを使用しなければなりません。

見通しのきかない上り坂の頂上

警笛区間である場合には、見通しのきかない上り坂の頂上でクラクションを使用する必要があります。

見通しのきかない曲がり角

警笛区間である場合には、見通しのきかない曲がり角でクラクションを使用する必要があります。

「警笛鳴らせ」の標識がある場所

警笛鳴らせの標識が設置してある場所では、警音器つまりクラクションを鳴らさなければいけません。
警笛鳴らせの標識がある場所で鳴らさないのは違反となりますので、注意が必要です。

クラクション音で「ありがとう」をうまく鳴らすコツ

クラクション音で「ありがとう」をうまく鳴らすコツ
車を運転していると、せまい道で相手の車が進路を譲ってくれる、脇道などから本線に合流する時に譲ってくれるというケースがあります。
そのような時には、「ありがとう」の意味でクラクションを鳴らすという人も多いでしょう。

しかし、これはクラクションの適切な使用ではありません。
クラクション音で「ありがとう」を表現するのではなく、手などのジェスチャーで「ありがとう」を伝えるのがよいですね。

クラクションはどんな押し方でも音量は変わらない

「ありがとう」を伝える際などに、よく軽くクラクションを鳴らすのがよいなどという人がいますが、それは正しくありません。

なぜならば、クラクションは強く押しても、弱く押しても音量が変わらないようになっています。
軽く押しても音量は一定なんですね。

ですから、むやみにクラクションを鳴らすのは避ける必要があります。

クラクションに関する疑問Q&A

クラクションに関する疑問をまとめました。
もし他に気になる疑問があれば、コメントなどから教えて下さい。

バッテリーが切れたらクラクションは鳴る?

バッテリーが完全に切れてしまっているという場合にはクラクションはなりません。

これは、バッテリーから必要な電気を貰っているから。
バッテリーが切れてしまっている場合には、バッテリーの交換をしましょう。

クラクションが勝手に鳴り続ける車があるのはなぜ?

クラクションが勝手に鳴り続ける理由はセキュリティ機能によるものが大半です。

現在、多くの車にこのようなセキュリティ機能として搭載されているものが作動してクラクションが勝手に鳴り続けるケースがあります。

・自分の車が勝手に鳴った時、止める方法
クラクションがずっと鳴りっぱなしになってしまうと、周りの人にもとても迷惑ですし、なんとかすぐに止めたいけれど、どうしたらよいのかわからないという人も多いはず。

対処法としては、車種などによって多少違いますが、スマートキーの解除ボタンを押すことで解除できるという場合がほとんどです。
実際にセキュリティを解除しているという動画があったので、参考にしてください。

https://youtu.be/kMm7lPN96Po

クラクション音は交換できる?

クラクション音は交換することができます。
車用ホーン」などで検索すると多くのものを見つけることができます。

インターネット通販でも簡単に購入することが可能ですが、自分で取り付けが出来ない方は、オートバックスなど整備工場がある専門店で購入して下さいね。

まとめ

まとめ
クラクションは正しい使い方をしないと、無用な交通トラブルを引き起こす可能性があります。

クラクションを鳴らさなければならないケースと、鳴らしてはいけないケースもきちんと覚えておくことが重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください